事業融資を便利に活用した体験

個人事業主として資金が必要になったので、起業する個人事業主にお得な事業融資を受けました。会社を新しく設立するのにお金がどうしても必要だったのが利用した理由で、企業としての実績が皆無なのでどの程度の事業融資が受けられるのか不安がありましたが、必要額に近いお金を得られたので満足しています。

 

事業融資は敷居が高いイメージがありましたが、今の時代はインターネットがあるので安全に必要な金額だけ融資を受けるのに良い方法が簡単に調べられるのが便利で、地方自治体の融資制度を利用したので全く実績の無い私の会社でも一定の条件を満たしていればお金を借りられるとの事だったので事業の成長の目安やこれからの活動内容をアピールするとお金を借りる事ができました。

 

新しく起業したい人は最初にお金がない場合にどうやって資金を集めているのか今までは疑問に思っていましたが、地方自治体の融資制度を利用する事で比較的簡単に事業融資が受けられるのを知り上手く活用できて良かったです。自己資金だけでは理想通りの起業には程遠い感じだったので、安全性が高い資金を得られた事で自分のやりたい仕事が出来て仕事も今のところ順調なのでとても良かったと感謝しています。

起業する時に行った資金調達の方法

今までサラリーマンだったのですが、新たに起業することにしました。その際1番のポイントになってくるのが起業資金調達です。退職金が有りましたが、それだけではとても足りず、先行投資で先に購入しとかなければならないものもたくさんあったので、どうにかして資金調達をしなければという事でした。

 

友だちで経営者の人がいたので、色々相談に乗ってもらいました。友人や家族からも少し借りましたが、やはり身内にお金を借りるというのはあまりいい方法ではありませんね。人間関係にひびが入ることもありますので、あまりおすすめできません。最優先で友達への借金は返しました。もうお金の貸し借りは友達とはしないと決めました。

 

その他では、日本政策金融公庫融資から借り入れを行いました。国が100パーセント出資しているため、安心して利用できました。民間の金融機関に少し不安を感じていた部分もありましたし、資金調達がここでできたので助かりました。お金を借りるというのは、とても大変な事です。手間もかかりますし書類などもたくさん必要です。しかし借りる所をきちんと選ぶという事はとても大事だと思いましたし、金利というのもかなり意識して選んでいく方が良いと思いました。

資金調達の流れとお得な手段

家族で経営している会社の規模を広げることになり、なんとかして資金調達をする必要に迫られました。そこで、これまでの利益を保ちながら収益を増やすために実質年率の低いビジネスローンに申し込むことにしたのです。しっかりと自分のペースで返済を進めることのできる金融会社を探してみると、希望通りのカードローン会社が見つかりました。すぐに申し込んだところ、想像していた以上に審査が短く驚きました。

 

新しい工場や支店に必要な機器や備品を買い揃えるための資金調達を進めていく上で、さまざまなアドバイスを受けることになって本当に感謝しています。金融のスペシャリストの視点で丁寧に教えてもらうこともできて参考になりました。

 

今後の事業計画書を提出したら隅々まで目を通してくれて、こちらの話にも誠実に耳を傾けてくれた点にも感動してしまいました。限度額の引き上げにも快く応じてもらい、心強い味方なのだとホッとしたことを覚えています。審査も無事に通過して手厚い資金調達を受けられて、家族一同心から感謝しているところです。これからも、困ったときには是非相談に乗ってもらいたいと考えています。金融のプロフェッショナルですので、頼りにしています。

お気に入りサイト

  • 事業資金の体験談

    ビジネスローンの特徴や審査内容、必要書類、実際に融資してもらった人の体験談など。

  •  

  • 事業資金融資ナビ

    中小企業や個人事業主が事業資金を融資してもらうための方法を事例をもとに紹介しています。